はじめに
TOKYO MXオンラインサポーターズは、TOKYO MXと視聴者の皆様との関係をより密にするためのサービスです。サービスの性格上、個人情報をお伺いする必要から会員制をとっておりますが、TOKYO MXの視聴者の方で、インターネットをご利用の方であれば、どなたでも参加でき、退会も自由です。

ご登録いただいた情報を元に、会員の皆様のご興味に沿ったお知らせや、アンケート協力のお願いを差し上げる場合がございます。またアンケートなどでご回答いただきました内容につきまして、個人を明らかにしない形で、TOKYO MXの番組・ホームページ内等で使用、反映させていただく場合がございます。

利用に際しては、あらかじめ会員規約をお読みになり、内容をご理解いただいた上で、会員規約を了承していただく必要があります。登録手続きを完了し、「送信」ボタンをクリックすることにより、会員規約の内容に同意されたことになります。

なお、サービスの内容や会員規約の一部が変更されることもあります。会員規約の変更は TOKYO MXのホームページ内でお知らせしますのでご了承ください。



第1条 (本規約の目的)
本規約は、東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(以下「TOKYO MX」)が運営するTOKYO MXオンラインサポーターズ会員(以下、「会員」)に関して定めるものです。

第2条 (TOKYO MXオンラインサポーターズの内容)
会員のサービスは次のとおりとし、その詳細はTOKYO MX所定の方法でご案内します。
1)
プレゼント懸賞、その他への応募
2)
イベント、コンサートや試写会などへの参加申し込み
3)
デジタル放送で行う双方向番組参加サービス
4)
インターネット、携帯電話、電子メール、はがき・FAX等を利用した番組調査への回答
5)
インターネット、携帯電話、電子メール等を利用した商品・コンテンツの販売
6)
その他TOKYO MXが定める各種サービス


第3条 (会員)
1.
本会における会員とは、この規約を承認の上、所定の会員登録を完了された方とします。会員登録の申し込み後、本会所定の期日までに登録が完了しない場合、登録の申し込みは撤回されたものとします。
2.
1)
会員の登録資格は、インターネットのEメールアドレスまたは、携帯電話メールアドレスをお持ちの方とします。
2)
一度に会員登録出来るのはお一人様1回のみとなります。
3)
1つのアドレスを複数の方で共有している場合、登録いただけるのはそのうちのお一人様とします。

第4条 (費用の負担)
登録料・年会費は無料とします。
ただし、会員登録およびサービスの発生に必要なパソコン・電話回線・電子メールソフト・携帯電話のすべての機器やソフトウエアの設置、使用等に要する費用は会員本人がその責任を負うものとします。


第5条(ログインID・パスワード)
1.
当制度では、会員のために、個別のログインIDとパスワードを付与します。
2.
会員登録の際に、TOKYO MXが発行するログインID、および会員自らが設定するパスワードの管理は、会員本人がその責任を負うものとします。
3.
ログインIDおよびパスワードの譲渡、名義変更、貸与、売買などの行為は一切行ってはならないものとします。また家族など複数名による共有はできません。
4.
ログインIDおよびパスワードの、会員本人による管理の不備、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、会員本人が負うものとし、TOKYO MXは一切責任を負いません。
5.
会員はログインIDもしくはパスワードが盗まれ、また第三者に使用されていることを知った場合には、直ちにTOKYO MXにその旨を連絡するとともに、TOKYO MXからの指示がある場合には、これに従うものとします。
6.
ログインIDとパスワードのご利用方法は、TOKYO MX所定の方法によりご案内します。

第6条 (退会)
1.
会員はTOKYO MX所定の方法により、任意に退会することができます。
2.
退会に伴って会員または第三者に損害が生じた場合、TOKYO MXは一切責任を負いません。

第7条 (会員資格の喪失等)
1.
会員が次の(1)から(3)の各号に該当する場合、直ちに会員資格を喪失し、 退会するものとします。
また、この場合TOKYO MXは事前の通知を要しないものとします。
(1)
登録された事項が事実と異なる内容であることが判明したとき。
(2)
電話、FAX、電子メール、その他の登録された会員情報に基づく手段によっても会員との連絡がとれなくなったとき。
(3)
会員が死亡したとき、または会員が実在しないことが判明したとき。

2.
会員が、次の(1)から(5)の各号に該当する場合、TOKYO MXは、会員にその是正を通知して、所定の利用制限を行い、その利用制限のときから15日以内に状況の改善が見られない場合は、その期間経過をもって直ちに、会員資格を喪失し、退会するものとします。
ただし、本項に定める通知は、TOKYO MX所定の方法によるものとし、その通知が受領されない場合は、前項第3号に該当するものとみなします。
(1)
手段を問わず、本サービスの提供を妨害したとき。
(2)
会員が本サービスを継続して利用することにより、MXテレビが自らの業務の遂行上または技術上の支障が生じると判断したとき。
(3)
規約に違反したとき。
(4)
第6条各号に定める禁止行為を行ったとき。
(5)
前各号のほか、TOKYO MXが合理的理由により会員として承認することが不適当と判断したとき。

第8条 (再入会)
1.
退会した会員は、この規約に定める会員の用件を満たしている場合、所定の入会申し込み手続きを行い、再度会員となることが出来ます。ただし、退会前の権利等を継続することはできません。
2.
第6条により退会した方が再入会の登録を行った場合はこれを拒否することがあります。

第9条 (個人情報・プライバシー)
1.
本条および第9条でいう個人情報とは、会員が登録及びサービスを利用したことによりTOKYO MXが知り得た、会員個人を識別しうる情報(氏名、住所など)をいいます。
2.
TOKYO MXは、この規約および法令の定めるところにより、会員情報を取り扱います。
3.
TOKYO MXは、本条3項、第4項に定めた場合を除いて、会員情報を会員の同意なしには第三者に開示しません。ただし、以下の場合に会員情報を第三者に開示することがあります。
1)
会員が、会員情報の開示に関し同意している場合
2)
会員が、情報提供者の資料の請求、賞品や便益の購入を行った際、情報提供者に対して、会員情報を開示する場合
3)
管轄官公庁または法令により会員情報の開示を要求された場合
4)
その他会員が、サービスを受ける際に会員情報が必要とされる場合
4.
TOKYO MXは、会員情報の処理または管理を外部に委託する場合は、弊社と委託先の間に秘密保持契約等適切な契約を締結し、会員プライバシーの保護を確保します。
5.
TOKYO MXは、情報提供者および協賛会社に対して会員情報を提供するに際して、弊社と情報提供者、弊社と協賛会社との間で、秘密保持契約等適切な契約を締結し、会員プライバシーの保護を確保します。
6.
会員情報の閲覧・変更・訂正・削除はTOKYO MX所定の方法により取り扱います。

第10条 会員情報の利用目的
1.
TOKYO MXは以下の目的で、会員情報を自ら使用することができます。
<1>一般目的
1)
番組に関する広報
2)
番組ノベルティやプレゼントの送付
3)
番組編成の検討など、TOKYO MXの放送サービスの向上を目的とする視聴者動向調査・アンケート
4)
調査や各種イベントへのご協力・ご参加の結果報告の情報送付
5)
会員の皆様に役立つと思われるTOKYO MXからの情報送付
6)
会員の皆様に役立つと思われるTOKYO MX以外からの情報の送付
7)
会員への登録情報の問い合わせ
<2>報道・番組制作などの目的
1)
ニュースなど報道・番組の取材・制作
2.
TOKYO MXが会員に対して、よい番組やサービスを提供するために、会員個人の特定ができない方法により会員情報の一部または全部を統計情報・マーケティングデータとして使用することができます。

第11条(著作権等)
1.
本サービスにおけるコンテンツの著作権はTOKYO MXに帰属します。
2.
TOKYO MXの了解なく、コンテンツの一部または全部を、自己のホームページや出版その他の媒体で利用することはできません。
3.
当サービスを商業的に利用したり、メーリングリスト・ニュースグループ 等への転載を目的として申し込みすることはできません。

第12条 (禁止行為)
会員は、サービスの利用にあたり、以下の行為を禁止します。
1)
TOKYO MXまたは第三者の著作権、知的財産権、その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
2)
公序良俗に反する行為、犯罪行為、またはそのおそれのある行為
3)
選挙活動、またはこれに類する行為、その他の政治および宗教に関する行為
4)
事実に反する情報、その他公序良俗に反する、またはそのおそれのある情報を、TOKYO MX、他の会員、または第三者に提供する行為
5)
TOKYO MXの承諾なく、本サービスを利用する行為、または本サービスに関連した営利を目的とする行為、もしくはその準備を目的とする行為
6)
本会およびTOKYO MXの運営を妨げ、または誹謗する行為
7)
ログインIDおよびパスワードを不正に使用する行為
8)
ログインIDおよびパスワードによる正規のログイン以外の方法で本サービスにアクセスし、またはアクセスを試みる行為

第13条 (免責事項)
1.
TOKYO MXは、万全の注意を持って正確なコンテンツ編集を心掛けていますが、突発的な事件・事故等によるニュースや番組編成の都合上、予告なく番組内容を変更することがあります。
2.
当サービスの申し込み時に、回線やサーバー混雑、設定不良などによる接続障害が発生した場合、TOKYO MXは接続履行の義務を負いません。
3.
利用者が文字数制限のある端末を配信先に指定した場合など、配信が完全に行われない場合がありますが、TOKYO MXは一切責任を負いません。
4.
TOKYO MXは当サービスの提供を停止または終了できるものとします。TOKYO MXは当サービスの停止・終了によって利用者に不利益が生じることがあっても一切責任を負いません。
5.
回線の状況、システムのトラブルなどにより、当サービスが遅滞、変更、中止された場合でも、TOKYO MXは一切責任を負いません。
6.
TOKYO MXは、本サービスの内容および会員が本サービスを通じて取得する情報に関して、その完全制、正確性、有用性を保証しません。
7.
TOKYO MXは、会員あるいは第三者が、本サービスを通じて取得する情報に関連して損害を受けた場合でも、一切責任を負いません。
8.
TOKYO MXは、次の各号に限らず、たとえ事前にその損害の可能性について知らされていた場合であっても会員またはその他の第三者のこうむった損害についていかなる責任も負いません。
1)
第三者が会員の認証情報を不正使用したことにより生じた損害
2)
会員が自己の認証情報を不適切に扱った事により生じた損害
3)
本サービスのシステム変更に伴うアクセス手段の変更により生じた損害
4)
使用機会の逸失により生じた損害、その他派生的損害
9.
TOKYO MXは、会員あるいは第三者が、本サービスを通じて取得する情報に関連して損害を受けた場合でも、一切責任を負いません。

第14条 (紛争)
会員とTOKYO MXとの間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
この規約は2005年4月15日より実施します。
作成日 2005年4月1日